コミニケーションが苦手・・でも気にしなくて良い理由

StartupStockPhotos / Pixabay
ストレス・悩み
Pocket

こんにちは、ライフコーチの長谷です。

 

夏休みの日曜だし、気合の入った話じゃなく、どうでも良い話を書きたくなった 笑

 

昨日、久々に受講生さんとあって、これからの時代の流れの話とか、気づいたら、2時間くらいめっちゃ盛り上がって話してたんですが、

 

帰り際、何気ない会話の流れから、

 

「私、コミニケーション苦手なんですよねー」みたいなことを言ってたので

 

「それは、コミニュケーションが苦手なんじゃなくて、目的のない話とか、雑談が苦手なんじゃない?」

 

と返しておいた。

 

(なんだろう、ママ友系の人付き合いからの話だったかな?会社の人付き合いだっけな?)

 

ちなみに、僕は講座で5時間喋るとか普通にできるし。

 

コーチング・コンサルのセッションなど一対一のセッションでも会話に困ったことはなく、いつでも、言葉がスラスラと出てくる。

 

けど、

 

目的のない、雑談が苦手だったりする 笑

「今日はいい天気ですねー」とか

「どちらから来たんですかー」とか

「へー、○○の役職されてるんですね」とか

「○○さんのお知り合いなんですかー」とか

一応ね、社会人やってたから、できないことないけど。。

 

いや、嘘、できない。

 

想像しただけで、ストレス度合いフルマックスやもん 笑

 

立食パーティーとか、なんかああいうフランクなリア充みたいな感じのパーティーも無理。

 

まずね、隅っこの方で、一人で固まってて。

 

あわよくば、同じように、一人で固まってる人を見つけて仲良くなりたいけど、

 

そんな僕らは、きっと、お互いに人見知りだから声かけても会話が「1ラリー」で終わる。

 

1ラリーで終了した会話が残す空気は残酷だ。

 

そんな気まずさを味わうなら、動物園でナマケモノが歩いていく様を観察している時くらい、退屈な時間を味わってたい。一人で。

 

そんな風に思うくらい、苦手 笑

 

さっそうと、アルコールを片手にフランクに爽やかな挨拶をして次から次へと笑顔でグループを移動していくとか、そういう人、普通に尊敬する。

 

でも、そんな僕だけど。

 

誰かと何かを一緒にやっていく時。

 

目的がはっきりとしていたり。

 

価値観が会う人となら、何時間でも話してられるし。

 

話すテーマにすら困ることはない。

 

要は、こういう場合、

 

コミニケーション力に問題があるのではなく、価値観や波長(ノリ)が合うか、合わないかのマッチンクなだけだったりする。

 

なんの話かって?

 

あ、うん。

 

目的ない雑談とか、波長が合わないグループ付きあいが得意でなくても。

 

自分のことを、コミニュケーションが苦手な人だなんて思わなくて良いよって話。
自分と価値観や波長が合う人とつながれば良いし。

 

価値観の合う人と、何か目的を持って物事を進めていけば、自然と良い時間を過ごすことができるから、

無理にコミニケーション力を改善しようなんて、気負わなくても良い。

 

そんなことを頑張るくらいなら、自分の興味があること、価値観、知識、物事の捉え方を深めておけば良い。

 

価値観の合う人と繋がれた時に、たくさん良いコミニケーションができるようにね^^

 

それから、少しづつ、自分と波長の会う人と繋がっていって、人と人とのつながりって楽しいってことが実感できればいい。

 

そうやってくと、コミニケーションに対する自己効力感が自然と上がっていく。

 

そうなると、今度は逆に、

 

自分と価値観が違っていたり、波長が合わない場でも、戦って自分を証明することなく、少し引いて場に合わせることもできるようになる。

 

だから、目的がない会話が苦手な人、人見知りな人は、それを改善しようと思って自分と戦うのではなく。

 

価値観や波長が会う人と出会うことで「人とのつながりって悪くないな」なんて思えてくることが大切。

 

「私、コミニケーションが苦手だから・・・」

 

ってひっそり悩んでいたりする、どなたかのお役に立てば♪

Pocket