うまくいかないのは、ほとんどの場合、本気になれてないからだよ。

rawpixel / Pixabay
ビジネス
Pocket

ども、長谷です。

 

個別コンサルの継続で4ヶ月目に入ったクライアントさんがいて。

 

3ヶ月目くらいからかなー。

 

や、初月からだったかもしれないけど 笑

 

本当にエネルギー乗せて腹から「ぐっ」と自分のビジネスを作り上げて欲しくて僕自身もエネルギー注いで厳しめのメッセージを伝え、強めにセッションしていました。

 

というのも、

 

もうすでに、2000人以上の方とセッションしている方で、ビジネスの土台的なことはやってきた人だったのでステージアップするために、本気度が必要な時期。

 

今までの価値観から根本的に変化する必要があったので、僕の姿勢的には(愛あるけど)

 

「はぁ!? 何をごちゃごちゃ言ってんの?」

 

みたいなね、そういうセッションが続いてたのかな。

 

(まだ土台ができていない人にはそんなに強いセッションはしないです。潰れちゃうので。)

 

で、

 

今日久々にセッションをしたら、今まですごく悩みに悩んで行動できなかったことに対して、腹が座り。

 

ぐっと強さが出てきてる。

 

自分がこれからやることに対して迷いがなくなり。

 

クリアなっていた。

 

嬉しい。

 

本当にね、そういう時にいつも思うのは、

 

「腹が座るとやがて道は開け、意識も、行動も、結果も変わってくる」

 

ってこと。

 

逆にね、行動できないとか言ってる時期は知識・スキル・経験ではなく腹が座ってないだけだったりする。

 

(もちろん、初期のウロウロ迷子時期は良いですが^^)

 

ブレイクスルーするかどうか?

 

というのは、知識、スキル、経験、と必要な要素があるけど、最後は「腹が座る強さ」を手に入れることができるかどうか? でしかない。

 

自分が本気になれないなら、人に届くわけないし。

 

お客さんを舐めたらいけない。

 

お客さんはバカじゃない。

 

そういう姿勢は全て筒抜けで、バレるんだよ。

 

極論、そんな状態なら結果が出るわけないから、辞めたらいい。

 

自分自身の弱さや、逃げてる部分、目を背けていることを無視して、誰に、何を提供できる人になれるんだよ。

 

なーんてね^^

 

もちろん、そういう腹が座らない時期があって良いんだけど。

 

「今の自分から突き抜けたいなら、甘ったるい事言ってないで、腹くくってやれ!!」

 

みたいな事も、とても大切だと思うわけです。

Pocket